太陽光発電の主な故障原因とは?実際に故障した際の対処法も知ろう!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/12/24

せっかく太陽光発電を導入したにもかかわらず故障したら大変です。発電量も減りますし、売電収入も予定どおりとはならないため設置費用の回収が困難になる可能性も出てきます。そこで今回は、太陽光発電の主な故障原因を解説します。故障時の適切な対処法もご紹介するので、参考にしてもらえたら幸いです。

太陽光発電の主な故障原因

太陽光発電が故障する原因は、主に4つあります。

自然災害

最も起きる可能性が高いとされているのが、自然災害になります。日本は災害大国であり、大雪が降る地域もあれば台風がやって来ることもあります。大地震が発生する恐れもあるわけです。太陽光発電は機械であり、大きな衝撃等が加わることで接触不良を起こし壊れることも少なくありません。

ある程度の衝撃には絶えられるように設計されていますが、それでも予想以上の自然災害が発生すると太陽光発電も故障するのです。屋根からパネルが落下して壊れることもありますし、大雪が降った後に雨が振り太陽光パネルに重みが加わってモジュール自体が破損するケースも珍しくありません。

鳥による被害

意外に多いのが、鳥による故障です。カラスや鳩などが太陽光発電の上にフンを落とし、その場所が損傷しホットスポット化することもあります。結果、熱を持つようになり、パネルの表面が破れて発電効率が下がる、といったケースがこれまでにもありました。

また、カラスがパネルの上に石を落とすという事例も報告されています。鳥による被害に関しては防ぐのはかなり難しいのも事実です。鳥が止まる電線から距離を離して設置するなどの方法もありますが、いろいろと工夫が必要です。

初期不良

稀な状況になりますが、そもそも設置された太陽光パネルやそのシステム自体に不良があることも珍しくありません。太陽光発電システムも製造段階で多少のエラーが発生します。いわゆる不良品が出ることも事実です。

もちろん市場に出回る前に点検されるなどして除外されるのが一般的ですが、中にはそのまま販売されることもあるのです。ちなみに太陽光発電システムの初期不良率は10%程度とされています。

設置時のミス

太陽光発電システム自体には問題がないものの、施工会社が原因になる設置ミスで太陽光発電が故障することもあります。多いのが、パネルが架台に固定されていなかったケースです。ネジなどの緩みがあり、風雨によってパネルが屋根から落下する事例も報告されています。

また発電されないとのことで、よくよく調べてみるとケーブルが断線していた、との報告もあります。粗悪な施工業者を利用すると、設置時のミスが発生しやすいので気をつけましょう。

太陽光発電の調子が悪い原因は寿命の可能性も

太陽光発電の発電量ですが、減ったからといって必ずしも故障しているわけではありません。そもそも太陽光発電の発電量は年々減るもので、寿命を迎えると一気に減る傾向にあります。

太陽光パネルの寿命とは?

20年から30年程度とされています。比較的長いので、太陽光発電が市場に出回った当初に導入したものでも、まだ寿命を迎えていない可能性が高いです。

ちなみに太陽光発電パネルを発売しているメーカーの多くは、出力保証期間を25年に設定しています。したがって25年以内に故障し出力がなくなれば、修理で対応してもらえる可能性があります。

問題はパワーコンディショナーの寿命

太陽光パネルの寿命は極めて長く耐久性は高いです。一方で問題になるのがパワーコンディショナーになります。パワーコンディショナーとは、太陽光発電で作られた電気を家庭で使える電気に変換します。

さらに、太陽光発電システム全体を効果的・効率的に稼働させる働きを持っています。その極めて重要な機器の寿命は太陽光パネルの寿命よりも短く設定されており、10年から15年です。発電量が著しく下がるなどした場合、まずはパワーコンディショナーを疑いましょう。

太陽光発電が故障した際の対処法

では実際に太陽光発電が故障した場合はどうすればよいのでしょうか。適切な対処法をご紹介します。

保証内容を確認する

太陽光発電には保証がついているのが一般的であり、保証期間内であれば対応してくれます。保証書を確認し、保証期間内であれば業者に連絡して対応をお願いしましょう。

ちなみに保証については複雑な設定にされていることも多く、システム保証は15年なのに災害補償は10年など差を設けていることもあるので要注意です。

メンテナンスで確認してもらう

故障原因がわからなければ対処仕様もありません。そこでメンテナンスを実施し、どこに問題があるか確認してもらいましょう。その上で、どのように対応するのか業者と話し合い、見積もりを出してもらうのがおすすめです。

前述したようにパワーコンディショナーの故障が原因で発電量が落ちる、といったケースも多いためパワコンを替えることで元の発電量に戻るケースも少なくありません。

 

太陽光発電の主な故障原因および故障の対処方法をお伝えしました。太陽光発電の主な故障原因には自然災害や鳥の被害、そして初期不良や設置時のミスなどがあります。

対処法は故障の原因によって異なりますが、保証期間内であれば業者に対処してもらいましょう。また、定期的にメンテナンスで問題が発生していないか確認してもらうことも大事です。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

「我が家でも太陽光発電をやってみたい!」とは思いつつも、太陽光発電業者が多すぎて、どこを選べばいいのか迷ってしまいますよね。太陽光発電は、決して安くはない投資。どうせやるなら失敗したくないは
続きを読む
戸建ての屋根の上に、または畑の真ん中などでも見かける機会が多くなった太陽光発電の機械たち。年々設置する住宅も増え、認知度はかなり増えてきました。ですが、モノによって太陽光発電といったり、蓄電
続きを読む
太陽光発電導入に興味を持つ家庭は増加傾向にあります。しかし、いざ検討を始めると「わからないことだらけで不安…」とためらってしまう方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方のために、太陽光発
続きを読む