太陽光発電で起きがちな失敗とは?対策を知って後悔のない導入を!

公開日:2021/12/01  最終更新日:2021/12/24

太陽光発電は、電気代が削減でき非常時にも活用できることから需要が高まっています。しかし、一方で太陽光発電によって思わぬトラブルや事故が発生してしまったケースもあります。導入に失敗しないためには、事前に対策を知っておくことが大切です。今回は失敗事例とあわせて具体的な対策をご紹介します。

太陽光発電で起きがちな契約時の失敗事例

失敗事例を把握しておくと、誤った方法を事前に理解しておけるため、失敗の回避にもつながります。さっそく、実際に太陽光発電の契約時に起きた失敗事例についてお伝えしましょう。

安い費用に釣られて業者を決めてしまう

太陽光発電を設置する際は、初期費用が安いからといって業者を即決することはおすすめしません。これは、初期費用の一部分を内緒で省いて安く見せている可能性があるためです。

初期費用には、太陽光発電の本体価格だけでなく、パワーコンディショナーなどの機材、設置にともなう工事費用、保証など、さまざまな料金が含まれています。適切な価格帯および含まれている内訳を把握しておかないと、故障の際保証してもらえなかったり、別のタイミングで費用を上乗せされたりする危険性があるのです。

知識・技術のない業者との契約

太陽光発電の設置は、業者の技術や知識が求められます。そのため、実績のない業者と契約してしまうと、設置後思わぬ事ゆえに遭遇する恐れがあるのです。

たとえば、業者の知識が足らず設置方法を誤った場合屋根が壊れてしまい雨漏りが起こったり、配線を誤り正しく作動されなかったり、さまざまな事故が引き起こされます。このことから、業者の実績は事前に確認しておくことが大切です。

不正なシミュレーションによる罠

経験のない業者は、シミュレーションを正しく行えない場合があります。シミュレーションでは、太陽光発電を設置した場合のおおよその稼働状況を予測してくれます。

しかし、施工経験があまりない業者であれば、設置後のリアルな稼働状況が曖昧なため、天候や発電力などをしっかり分析することは難しいです。そのため、シミュレーションと実際に導入した後の結果で差が生じる可能性があるのです。

太陽光発電で起きがちな設置後の失敗事例

契約時に誤りに気付かなかった場合、以下のような事故やトラブルに遭遇する恐れがあります。実際に設置後発生した失敗事例をさっそく見ていきましょう。

メンテナンスを行わない

太陽光発電は、経過年数に関係なく定期的なメンテナンスが大切です。新しいからといってメンテナンスを疎かにしていると、気付かぬうちに破損した部分が広がっていき、パネル部分だけでなく屋根部分まで破損してしまい、雨漏りなどの思わぬ事故が発生する可能性があります。

保障の適用外事故

太陽光発電は、通常メーカーによる保証が用意されています。しかし、故障原因の中には保障対象外となるものも存在するため、注意が必要です。

たとえば、落雷や石による機器の故障のような事故は保障にならない可能性があります。保証がおりない部分は自己負担となるので、把握しておきましょう。

による故障

雪が多く降る地域では、他地域よりも配慮しなければならない点が多いです。積雪が多いにもかかわらず、雪を考慮せず太陽光発電を設置してしまうと、太陽光パネルに雪が被ってしまい発電量が減ったり、パネルおよび屋根が壊れたりする可能性があります。

設置による近隣トラブル

近隣トラブルは、太陽光発電を後付けする場合に多いです。たとえば、太陽光パネルの反射光や工事の騒音などで苦情がくるパターンが多いです。近隣トラブルは、深刻度によっては生活の質を下げてしまう危険性もあるため、事前に挨拶をしたりメーカーに相談をしたりするなど、配慮しておきましょう。

補助金の受給失敗

太陽光発電の設置は、自治体によって補助金がもらえる場合があります。しかし、自治体によって受給条件や手続き等が異なるため、手違いや申請忘れによっては補助金が受け取れない可能性もあるため、注意が必要です。

発電量の予想時と実際の差

先述したとおり、シミュレーションを正しく行えない業者に依頼をしてしまうと、実際の発電量と差が生じてしまうことがあります。その他の原因として、配線や設備が誤った方法で設置されている場合もあるため、発電量がシミュレーションよりも少ない場合はメーカーに問い合わせましょう。

施工業者が倒産

太陽光発電の保証は、施工業者が倒産してしまった場合、故障時の補償や定期点検などのアフターケアが受けられなくなる可能性があります。このような事態にならないためにも、依頼予定の会社の実績や価格はきちんと確かめ、検討しましょう。

太陽光発電の失敗を防ぐためには?

上記のような失敗を引き起こさないためにも、対策はしっかりとっておくことが大切です。導入を検討する際は、下記対策を参考に業者の選定を進めましょう。

徹底的にシミュレーションを行う

何度もお伝えしているとおり、発電量のシミュレーションは正しく行ってもらいましょう。また、住宅周辺の日照時間・太陽光パネルのタイプ・記録などから自分でシミュレーションすることも可能です。

メンテナンスに料金が発生するか事前に確認

太陽光発電は定期的なメンテナンスが必要だとご説明しましたが、事前にメンテナンスに料金が発生するかどうかも確認しておきましょう。メンテナンス内容によって別途費用がかかる可能性もあるため、あらかじめ把握しておくことが大切です。

太陽光発電の希望条件をリストアップ

自分たちが太陽光発電に求めているものをあらかじめリストアップしておきましょう。業者それぞれで強みや提供内容が異なるため、自分の希望と合わない業者もいます。まずは自分が希望する費用・機能・サービスを把握し、業者を選ぶことがおすすめです。

見積もりは複数業者に頼む

安いからといって、業者を即決することはおすすめしません。見積もりをとると、費用の見比べだけでなく大体の相場感を把握できます。

先述したとおり極端に安い業者には思わぬ落とし穴がある可能性があるのですが、相場感を把握しておかないと、この罠に気付かない恐れがあるのです。まずは複数の業者で見積もりを依頼し、全体の相場やサービスの内容を知ってから業者を決めましょう。

 

今回は、太陽光発電の契約・設置後に起きた失敗事例についてご紹介しました。失敗を回避するためには、どのような事故が予想されるのか、具体的な対策方法を事前に把握しておくことが大切です。太陽光発電を導入する際は、思わぬトラブルに巻き込まれないよう、慎重に業者を選びましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

太陽光発電導入に興味を持つ家庭は増加傾向にあります。しかし、いざ検討を始めると「わからないことだらけで不安…」とためらってしまう方も多いのではないでしょうか。今回はそんな方のために、太陽光発
続きを読む
太陽の光をたくさん当てることで発電する太陽光発電は、脱炭素社会を目指す日本国内においても急速に普及しました。そのため、これから導入しようと検討している方も多いのではないでしょうか?そこで今回
続きを読む
太陽光発電に興味を持っている方は沖縄にもたくさんいることでしょう。「今から後付けで導入したい」という方はもちろん、「家を建てるけれど太陽光パネルってどのタイミングで設置するのがいいのかな?」
続きを読む