新築時に太陽光発電を取り付けるメリット・デメリットとは?

公開日:2021/12/01  最終更新日:2021/12/24

太陽光発電は、いつでも設置できるため、「新築時に取り付けるべきか?」と悩む方も多いのではないでしょうか?確かに設置範囲の広さや価格などを考えれば、適切な設置時期がわからないかもしれません。そこで当ページでは、新築時に太陽光発電を取り付けるメリットとデメリットを解説します。

新築時に太陽光発電を取り付けるメリット

新築と同時に太陽光発電を取り付けるときには、多くのメリットがあります。たとえば、支払いに関しては住宅ローンに含められるため、別に費用を準備する必要はありません。そこで、各メリットを一つずつ解説していきます。

太陽光発電の費用は住宅ローンにできる

新築時に太陽光発電を取り付けると、住宅ローンに含められます。太陽光発電の費用は、容量にもよりますが100~200万円が相場、別に費用を用意するのも大変です。

しかし、住宅ローンに含めれば本来二つだったローンがまとめられるうえ、低金利ローンを探せばさらにお得に導入できます。

無駄な工事費用がかからない

太陽光発電を同時に行うと、無駄な工事費用を省くことができます。仮に太陽光発電を後付けすると、足場などを再度組まないといけません。しかし、同時に行えば太陽光発電の設置も工事計画の一部になるため、結果的に費用を安くすることが可能です。

また、同時に行った場合は家の保証(主に屋根)とセットになります。管理や保証も一体化している点も、メリットの一つです。

最適な家づくりができる

太陽光発電をセットで新築すると、発電効率も一緒に考えられるため、最適な家づくりができます。

太陽光発電を後付けする場合は、今ある状態を基に考えるしかありません。しかし、新築時は建物自体が完成していないため、太陽光発電の発電効率を第一に考えた家づくりが可能です。

新築時に太陽光発電を取り付けるデメリット

新築時の太陽光発電の設置は、メリットばかりではありません。業者選びや着工までの時間など、さまざまなデメリットも存在します。新築と一緒に太陽光発電も設置する際は、デメリット部分も把握しておきましょう。

太陽光発電のメーカーが指定される可能性がある

新築を依頼した業者に太陽光発電の設置も一緒に行ってもらう場合は、太陽光発電のメーカーを選べない可能性があります。

たとえば、「SHARP」や「京セラ」など、太陽光発電のメーカーをあらかじめ決めておいても、取り扱っていなければ設置は不可能です。とくにパナソニックのような業者は、ハウスメーカー(パナソニックホームズ)と太陽光発電メーカー(パナソニック)の両方の顔を持っているので自社製品のみです。

業者選びや着工までに時間がかかる

太陽光発電を新築と同時に設置する場合は、業者選びに時間がかかります。なぜなら、太陽光発電をセットで行ってくれる業者を探さないといけないからです。

もちろん、セットで行う業者はたくさんありますが、前述の通り、メーカーの取り扱いなどもバラバラのため、満足できる業者が見つかるまでには時間がかかるかもしれません。

また、新築の設計時にあらかじめ太陽光パネルの設置を前提にした設計を行う必要があります。そのため、設計自体も時間がかかるうえ、業者と共に内容の確認などをする場合は、さらに時間が必要です。

新築時に太陽光発電を取り付ける際に意識するべきポイント

新築工事は、多くの資金が必要になるため、決断するまでに何度も悩むはずです。そこに太陽光発電が加わればさらに考えることが多くなるでしょう。そこで新築と一緒に太陽光発電を取り付ける際に意識するべきポイントを解説します。

対応と知識

新築工事と太陽光発電設置工事を同時に行う際は、業者の対応や知識レベルにも着目しておきましょう。質問したことに対して、適当な回答をするようなところはおすすめできません。

工事が完成しても、業者とは長いお付き合いになる可能性があるため、信頼できる業者選びは重要なポイントです。

複数社の見積もりを入手する

新築と太陽光発電をセットで行う時は、できる限り複数社から見積もりを入手するようにしましょう。

見積もりは対象がなければ、高いのか安いのかがわかりません。また、太陽光発電メーカーの取扱数も業者ごとに異なります。価格面と一緒にさまざまな太陽光発電の性能面も確認しておきましょう。

保証の比較

見積もりと一緒に確認したいのは、保証内容です。基本的な補償については、どの業者もある程度似ているものの、すべてが同じというわけではありません。独自の保証やメンテナンスを提供している業者も多数存在します。

太陽光発電の不具合や屋根の雨漏りなど、いつどこでトラブルが発生するかは予測不能です。大切な家を守るためには、保証内容は必ず確認し、比較した上で最適な業者を選びましょう。

 

新築時に太陽光発電を取り付けると、たくさんのメリットを得られます。しかし、少なからずデメリットもあり、業者選びを間違えると、費用の負担が増えてしまうかもしれません。新築と同時に導入する場合は、選ぶときのポイントを念頭に置いて慎重に進めていきましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

燃料や電気料金の値上げが続くなか、自家発電によって、月々の光熱費を抑えたいという方や災害時に備えたいという方から、蓄電池と太陽光発電は注目を集めています。脱炭素社会の実現に向けて政府も後押し
続きを読む
太陽光発電と一言で言っても、その中身は住宅用太陽光発電と産業用太陽光発電に分かれます。当記事では住宅用太陽光発電システムの特徴と産業用太陽光発電システムの特徴をそれぞれ解説し、住宅用・産業用
続きを読む
便利で節電対策になるといわれている太陽光発電。自宅の屋根の上にソーラーパネルを設置している家庭を見ることもずいぶん増えてきた昨今ですが、災害の多い我が国ではトラブルも頻発しています。今回はそ
続きを読む