太陽光発電とエコキュートを併用する利点とリスクについて解説!

公開日:2022/02/01  最終更新日:2022/02/22


できるだけ電気代を抑えたいという理由から、太陽光発電の導入を検討している方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、太陽光発電との併用が推奨されているエコキュートにも焦点を当てつつ、両者を導入する利点とリスクを解説していきます。また、太陽光発電とエコキュートを選ぶ際のポイントについてもご紹介したいと思います。

太陽光発電とエコキュートを併用する利点

太陽光発電とエコキュートを併用する利点は、主に3つあります。1つずつ解説していきますので、併用導入するかどうかの参考にしてみてくだい。

光熱費を節約できる

太陽光発電とエコキュートを併用導入する最大の利点は、光熱費が抑えられるということです。昼間の時間帯は、太陽光発電でつくられた電気を使用するため、電気代の節約が可能です。

また、エコキュートは、電気料金の安い深夜電力を使用してお湯をつくるため、ガスを使ってお湯を沸かすよりも光熱費がかかりません。太陽光発電とエコキュートを併用することで、効率よく電力消費できます。

太陽光発電でつくられた電力を売ることができる

前述した通り、エコキュートは深夜電力を使用するため、日中にたくさんの電力を使う必要がありません。そういった場合、太陽光発電でつくられた電力を消費しきれず、たくさんの余剰電力が生まれます。

この余剰電力は、電力会社などに買い取ってもらうことが可能で、売電収入が発生するのも、太陽光発電とエコキュートを併用するメリットの1つです。

電力の市場価格が下がっても余剰電力が無駄にならない

電力の市場価格は、年々下落しており、国が固定価格で買取保証するFIT制度が始まったころは1kWhあたり48円だったのに対し、2021年には19円まで値下がりしています。今後さらなる値下げが計画されていて、いずれは余剰電力を売っても、充分な利益が得られない状況になりそうです。

しかし、エコキュートを導入していれば、余った電力でお湯を沸かすこともでき、余剰電力が無駄になりません。

太陽光発電とエコキュートを併用するリスク

ここからは、太陽光発電とエコキュートを併用するリスクについて解説していきます。こちらも主に3つのデメリットとなっているため、1つずつ確認していきましょう。

■導入費用が高額

太陽光発電とエコキュートを併用する最大のデメリットは、導入にかなりお金が掛かってしまうということです。太陽光発電を設置するだけで、おおよそ110180万円ほどの費用が掛かり、エコキュートも導入するのであれば、さらに5080万円ほど必要です。また、太陽光発電を設置するタイミングでオール電化に切り替える場合は、IHの導入などにも費用が掛かります。

■条件によっては設置が難しい

太陽光発電もエコキュートも設置するスペースが必要なため、家のつくりなどの条件によっては、設置が難しい場合があります。エコキュートは、エアコンの室外機2つ分ほどのスペースが必要になりますし、太陽光パネルにいたっては、傾斜が30度程度の南向きでなければ、発電量を充分に確保できない場合があります。

■オール電化は停電に弱い

太陽光発電とエコキュートを併用してオール電化にしている場合、ライフラインが電気だけになってしまうため、停電に弱くなるのもデメリットの1つです。また、太陽光発電は、発電量が日照量に左右されるため、いつでも使えるわけではありません。発電できないときや停電時に備えて、蓄電池を導入しておくのも、方法の1つでしょう。

太陽光発電とエコキュートを選ぶ際のポイント

太陽光発電とエコキュートを選ぶ際には、押さえておくべきポイントがあります。ここからは、それぞれの選び方について解説していきます。

■太陽光発電はコスパと耐久性を重視

太陽光発電は、安いというだけでなく、発電能力の高いものを選ぶことが重要です。その基準として、1kWあたりの価格(kW単価)で比較し、kW単価が低いものを選ぶとよいでしょう。

kW単価が低いということは、より少ない費用で多くの発電ができることを意味します。また、太陽光パネルは長期間運用するものなので、耐久性に優れているものを選ぶ必要があります。

エコキュートは容量と機能で選ぶ

まず、家族の人数に合った貯湯容量のエコキュートを選びましょう。以下の目安を参考に、お湯をたくさん使う家庭であれば、ワンサイズ大きいものを選ぶとよいでしょう。

・5~7人家族          550リットル
・4~5人家族          460リットル
・3~4人家族          370リットル
・2~3人家族          300リットル
・1~2人家族          185リットル

また、以下のような便利機能に対応している機種がおすすめです。

・自動湯はり
あらかじめ設定しておいた湯温・湯量のお湯はりが自動でできる

・お湯はり予約
あらかじめ設定しておいた予約時間にお湯はりができる

・追い焚き
湯量を変えずにお湯を温めることができる

・足し湯
湯量が少なくなったときに、あらかじめ設定しておいた湯量までお湯を足すことができる

・沸き増し
お湯を満タンまで沸き上げることができる

・配管清浄運転
循環清浄を行うことができる

 

いかがだったでしょうか?今回は、太陽光発電とエコキュートを併用する利点とリスクについて解説してきました。導入が高額なうえに、設置条件にも制約があるというデメリットがありますが、太陽光発電のみを導入するよりも、エコキュートと併用した方が、光熱費も節約でき、余剰電力も無駄になりません。太陽光発電を導入したいとお考えの方は、エコキュートとの併用も検討してみることをおすすめします。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

燃料や電気料金の値上げが続くなか、自家発電によって、月々の光熱費を抑えたいという方や災害時に備えたいという方から、蓄電池と太陽光発電は注目を集めています。脱炭素社会の実現に向けて政府も後押し
続きを読む
太陽光発電と一言で言っても、その中身は住宅用太陽光発電と産業用太陽光発電に分かれます。当記事では住宅用太陽光発電システムの特徴と産業用太陽光発電システムの特徴をそれぞれ解説し、住宅用・産業用
続きを読む
便利で節電対策になるといわれている太陽光発電。自宅の屋根の上にソーラーパネルを設置している家庭を見ることもずいぶん増えてきた昨今ですが、災害の多い我が国ではトラブルも頻発しています。今回はそ
続きを読む